退職を引き止められた時の上手な断り方

退職を引き止められた時の上手な断り方 イメージ

なぜ引き留められてしまうのかを会社の立場で想定してみて

それを解決することができる理由も自分なりに考えてみよう。

あの手この手で引き留められて、退職を先延ばしにしていく状況はあまりよろしくないですね。転職先の企業にも迷惑がかかりますし、ご自身の将来にも影響が出てきます。

退職の決心が固いなら、あきらめずに意思を伝えていくことは当然ですが、その際に「なぜ、会社が自分を引き留めるのか」を会社の立場で冷静になって考えてみてください。

 

会社としては「引き留めれば、再度考え直してくれる」「仕事の都合、後任者のことで会社も困っている」「待遇などに不満があってゴネていると思われている」といったケースです。

もし、思い当たるふしがあるようなら、その点を踏まえて会社と話し合って、再度退職計画を練り直すことも必要です。

 

そのうえでサイロ退職の意思表示を行ってみよう。それでも退職の了解が得られないときでどうしようもない場合は、最寄りの労働基準監督署に相談してみよう。きっと力になってくれます。

慰留の理由

・引き留めれば再度考え直してくれると思っている場合の対処

伝え方に優柔不断な印象を持たれてしまうと、よく起きる事例です。

実際に居残っているわけで、今後も「人間は辛抱が大事」などと説得され、そのまま働かざるを得ない状況もでてきます。決心が固いなら、在職のまま転職活動を進め、内定を得られた時点で、それを告げキッパリと意思表明するのも手です。

 

・仕事の都合、後任者のことで会社も困っている場合の対処

繁忙期にあたっていたり、急な話で引き継ぎの予定が立たないなど、申し出た退職条件に無理があると起こりがちです。自分の希望をゴリ押しするのはマナー違反ですね。退職時期の調整をして、希望の退職日まで余裕のあるスケジュールを立てたうえで、再度、上司と話し合うのが基本です。

 

・待遇などに不満があってゴネていると思われている場合の対処

給与や休日休暇などの待遇に限らず、不満を退職理由にするとよく起こるケースです。

昇給や特別休暇の付与などで理由がなくなると勤務せざるを得ず、しかも会社との関係は悪化してしまいます。待遇の交渉をするなら「辞める」は絶対タブーです。

退職するならウソでも「家庭の事情で実家に帰ります」など会社がどうすることもできない理由を作って、納得してもらう話をしてください。

お役立ち情報の一覧へ