面接で注意したい3つのこと

面接で注意したい3つのこと イメージ

①新卒の面接と中途採用の面接は違うことを認識しておこう

②事前に「志望動機」「退職理由」「前職での仕事は?」は十分に話せるようにしておこう

③面接で話す内容はすべて「こんな仕事ができる」「今後はこんな仕事を御社でやりたい」につなげよう

 

  • 新卒の面接と中途採用の面接との違い

ほとんどの人が新卒の時に面接試験を受けていると思います。といっても新卒のときと中途採用の面接は全く別モノです。それなのに新卒の時の面接の仕方と一緒のままで中途採用の面接に臨む人が多い。

 

まず企業の採用基準が違います。新卒の場合は、入社後一から研修をさせて、その後その人に適した部署に配属することを前提に採用しています。一方中途採用の場合はこの部署でこんな仕事を今日からでもすぐにはじめられる人と限定している。

 

新卒の採用面接は「落としていく」「削っていく」という要素が強く、最後に残ったいい商品を得ようとする。中途採用はほしい商品が決まっているので「選び出す」要素が強い。

中途採用の面接はビジネス上の取引に似ていて、採用側と応募側はほぼ対等です。採用側はこういう仕事ができる人をこういう条件で買いたいと交渉する。

 

応募側は私はこういう仕事ができる、今後はこれをやりたいからこれくらいの条件で「買ってほしい」と交渉する

 

お互いの希望や条件があえば交渉成立で採用になります。合わなければ交渉不成立で不採用です。

 

だから「誠心誠意頑張ります」「一生懸命がんばります」などの精神論は新卒では通用するかもしれませんが、中途採用の際は何の役にも立ちません。

 

  • 事前に「志望動機」「退職理由」「前職での仕事は?」は十分に話せるようにしておこう

面接で企業は「どれくらい当社の希望にあった人物か」をチェックする作業です。

絶対に聞かれる「志望動機」「退職理由」「前職での仕事は?」の質問に応募者は答えることで自分はないができる、何がやりたいなどと自分自身を売り込むこともできる。

 

企業が求める人材と自分の接点を強調すればより有効な自己アピールとなります。

中途採用の面接は採用側も応募側も対等な立場での交渉だという点に気を付けてください。

無理に企業に合わせて自分を売り込んでも、あとで自分がなくはめになります。「その条件では自分を安売りすることになる」と思えば断る勇気も必要です。

 

3つの質問にはそれぞれ意図があります。

退職理由は転職癖がついていてすぐやめてしまう人ではないか、前の会社で何か問題を起こした人ではないかを確認する意味がある。

志望動機はこれまでの経験をどう生かせるのか、長期的なビジョンを持っている人か、何をやりたいと思っている人か。

前職での仕事では、何ができるのか、どんな能力があるのか仕事の姿勢などが問われていると思ってください。

 

  • 「こんな仕事ができる」「今後はこんな仕事を御社でやりたい」につなげよう

採用面接時にいろいろ聞かれるが、企業が知りたいのは結局「どんな仕事ができる人か」「今後どんなことをやっていきたいか」仕事に対する姿勢などです。だから質問の答えにも「自分はこういう仕事ができる」「自分は今後こういうことがやりたい」につなげて考えればよい返答ができます。

 

退職理由なら、「いままでこんな仕事をしてきたが、こういう仕事をやりたいと思うようになった。いまの職場ではその願いが叶わないから退職しました」といえば良い。

 

志望動機なら、「いままでこんな仕事をしてきたが、こういう仕事をやりたいと思うようになった。それができるのは御社だからだ」という方向で答える。

 

前職での仕事では、「こんな仕事をやってきた」と答えれば良い。

 

結局は「自分はどんな仕事ができるのか」「今後はどんな仕事がしたいか」を中心に答えていけば良い。この二点をより具体的に自分の言葉で述べるようにしてください。

これが面接でアピールすべき重要なポイントです。

 

・企業の情報を整理しよう

・送付した履歴書や職務経歴書の内容を再度チェック

・想定される質問の回答を考えておく

いざとなればどんなにキャリアのある人でも緊張します。

十分な準備をして緊張を和らげるようにして100%の力で面接を乗り切ってください。

お役立ち情報の一覧へ