転職活動失敗しないコツ

転職活動失敗しないコツ イメージ

転職活動失敗しないコツ

転職を成功させるには、準備が大切

○情報整理は、転職成功への近道

応募する企業が決まり、「いよいよ履歴書と職務経歴書つくり」と意気込んでいるかもしれません。しかし焦って書き出すのは禁物です。履歴書や職務経歴を描く前にやるべきことがあります。それは、自分と企業に関する情報の整理です。

・自分は転職してどんな仕事がしたいのか

・自分にはないができるのか(スキルの棚卸)

などをきちんと整理言葉にまとめておく必要があります。

情報の整理は簡単ではありません。時間も手間もかかりますがここをきちんとやっておくと履歴書や職務経歴書づくりはぐっとスムーズになります。

さらに面接のときにも役に立ちます!

何よりも納得のいく転職ができるようになりますよ。

情報の整理は一見時間と手間がかかって遠回りのように見えて実は、履歴書・職務経歴書づくりの、そして転職成功への近道になります。

次の3つの角度から整理してみてはいかがでしょうか?

○自分は何ができるのか、そして何が得意なのか(CAN)

○自分はどんな職場で、どんな仕事がしたいのか(WHAT)

○応募企業にはどんなニーズが自分にあるのか(NEEDS)

この3つを整理して共通する部分を掘り出してみてください。

例えば

「自分は経理事務が得意」あるいは「自分は経理事務がやりたい」と考えても応募先の企業に「経理事務が得意な人もほしいが一緒に人事事務もできる人がほしい」という多様なニーズがあるとその転職は難しくなります。

また、「自分は営業管理が得意」と思いつつも「実は現場の営業がやりたい」と考えている場合は、そのままでは自分をうまくアピールできませんね。営業管理と現場の営業とに共通する何かを掘り出す必要が出てきます。

 

自分はないができるかを考えてみる

自分はどんな仕事ができるのか?

何が得意なのか?

これは転職するうえで職務経歴書の作成や面接でも最大アピールできるところですし、この面をいかす転職をすることで後悔しない転職ができる可能性が大きくなります。

自分以外の他人から

・おほめの言葉をもらった

・仕事への工夫

・仕事へのこだわり

を考えてみてください。そこにはあなたの良さが隠れている場合が少なくありません。

それは自分ができること、得意なことにつながります。

自分自身で転職の目的をはっきりして、企業のニーズを探ろう

○転職のきっかけが転職をする目的になっていませんか?

転職を考えたきっかけが「給料がやすい」「社風がわるい」「残業が多い」「休みがすくない」などが変わるだけが転職の目的になっていませんか?

しかし、これでは転職はうまくいきません。応募する企業を決めるときにも決めるポイントがわかりずらいし、面接時に「どうして当社を志望したのですか?」と聞かれたときに返答に困りますよね。

重要なことは今後

・どんな職場で

・どんな仕事をしたいか

を考えることです。

企業のニーズを把握しよう

自分はこういう仕事をしたい、自分はこういう職場で働きたいなど、自分の意向だけを考えて、相手企業の意向は無視。ということになっていませんか?

求人企業のニーズにマッチした

・自分の経験や実績、希望職種をアピール

しなければその企業への転職はおぼつかなくなります。

求人情報を細かくチェック!しよう

企業の求人ニーズを把握するために求人情報を細かくチェックしてください。

求人票の「仕事内容」「募集の背景」「求める人材のタイプ」など企業の求人ニーズがストレートに描かれてる場合が多いです。隅から隅まで読んで「企業がどういった人を求めているか」をぜひとも確認してください。

また、求人情報に掲載されている「社員の写真」もチェックし取り上げられている社員の雰囲気も確認してください。こういったタイプを求めているというメッセージが隠れています。

当然ですが、企業のホームページも忘れずにチェックして、企業の今後のビジョンや方向性などがあなたと合致しているか確認し、そのビジョン達成に貢献できる人物かも考えてみてください。

以上の内容があっていればあなたの転職は成功する可能性は大いにあります。

頑張ってください!

お役立ち情報の一覧へ