面接で緊張しない4つのポイント

面接で緊張しない4つのポイント イメージ

面接で緊張しない4つのポイント

面接で緊張する大きな理由は自分をうまくアピールできなかったらどうしようと思う気持ちです。当然面接NGだったら転職もNGですから。面接官の印象を少しでも良くすることで合格の可能性を高めてみましょう。少なくとも次の4つのポイントを念頭に面接に臨めばまず面接官には嫌われません。少しは緊張しないのではないのでしょうか。

  • 相手を好きになる

対人関係は鏡のようなものです。面接官に好かれるためにはまずは自分から好意をもって接することが大切ですね。例えば、相手を単なる面接官としてではなく「この会社に入れるチャンスを与えてくれた人!」と思ってみてください。自然と相手に好意もわいてきませんか?

  • 自分自身を素直に出してみる

面接は、自分の知識を見せびらかす場所ではありません。相手の話でわからないことがあれば、素直に尋ねても大丈夫。知ったかぶりで外面をとりつくろっても、結局面接官には見抜かれてしまいます。外面を飾らず、等身大の自分をアピールしてみませんか。それのほうが好印象を持ってもらえるはずです。

  • 聞き上手になる

相手の目をみながら、真剣に話を聞くことはコミュニケーションの基本です。適度な相槌やうなずきを入れながら、話のポイントでは「はい、よくわかります」などの返事も忘れずに行ってみてください。相手の話の途中で言葉をはさんで話の腰を折るなども知らずにやってしまっているかもしれません。この点も注意してください。

  • アイコンタクトをとる

しっかりとした視線は、強い意欲を相手に伝える武器です。うつむいたりキョロキョロしたりしていませんか?相手の目を中心に顔全体を見るつもりで応対してみてください。面接官の反応も変わってきますよ。

また複数の面接官がいる場合には、話し手を中心に全員に目線を配るように心がけてみてください。

ぜひとも上記4つのポイントを面接のときは思い出して実行してみてください。

きっとこころの余裕が生まれてきて緊張もいつの間にかなくなっていることかと思います。

お役立ち情報の一覧へ