【面接のコツ1】退職の理由を聞かれたら

【面接のコツ1】退職の理由を聞かれたら イメージ

【面接のコツ1】退職の理由を聞かれたら

あなたを採用したらながく働いてくれるのか?また退職(転職)の決断という場面を通じてどういったことがその引き金になるのかなどあなたの仕事の姿勢などをしることが質問の主な狙いです。

前向きな転職であると伝えることが重要です。

応募先では自分の考えている目標が達成できることをアピールすることが基本です。

下記内容で面接時に話をすることはとても危険で落とされる可能性が高くなります。

・前の職場の経営方針

・上司への批判

・人間関係のトラブル

・待遇面の不満など

です。どの職場にも似たような状況はあり本当にこの人を採用したら長期で働いてくれて会社に貢献してくれるかわからず大きな警戒心を人事担当者に抱かれていまします。

理想的なこたえは

・志望動機につながる前向きな理由

・目の職場では不可能だった仕事上の目標を挙げる

これが回答の基本です。

避けたいのは「やりがいのある仕事がしたくて」のフレーズです。

仕事に意義ややりがいを見つけられるかどうかは本人の仕事の姿勢によるからです。

この理由は仕事に消極的で積極的に仕事に取り組めない人がいうフレーズです。

ただキャリアアップだけを目指して転職だけではなく、不可抗力的要素、または今の職場では努力しても希望や目標を達成することが難しいことが、新しい職場だと実現可能になることを面接の場所では伝えることが重要です。

参考例:

退職を考えた理由はなんですか?

「今春、大幅な組織改編があり新開設した営業所に異動になりました。そのタイミングで営業管理という立場で営業マンを束ねる業務をすることになりました。各営業マンの教育管理をしチームの売り上目標達成が主な仕事になります。それまでは、自分の専門性と人脈を生かした営業展開をし売り上げ成績を上げてきました。その功績もあり営業管理のポジションを与えられたのですが、自分のいままでのキャリアを考えて最大限生かせるのはやはりいち営業マンとして自分の専門性と人脈を生かした営業展開にあることだと思っております。長い目で自分のキャリアを考えて現時点で行うべきことを考えて転職を決心し、9月の営業所決算が終えた時点で退職の予定です。」

お役立ち情報の一覧へ